無料漫画のzipやrarをダウンロードしたら違法で捕まる?

電子コミックの世界で大きな問題となったのが『漫画村』などの違法配信サイトです。

現在は規制が厳しくなり漫画が無料で見れる違法サイトも減りましたが、まだまだzip形式rar形式で配布されているような違法サイトは存在しています。

無料で漫画が見たいという気持ちも分からなくは無いですが、zipやrar形式の違法漫画をダウンロードすると捕まります。

どういった行為が違法行為に繋がるのか解説していきたいと思います。

権利者に許可なく漫画を配信することは違法行為

そもそもの話になりますが、漫画にはその権利を所有している人間や企業が存在します。

ebookjapanまんが王国といった電子書籍の配信サイトで電子コミックを配信する場合、その権利者に承諾を取ることが1つの条件になります。

社会問題となった漫画村のような違法配信サイトは、権利者の許可を取らず違法に漫画を配信し広告収入で利益をあげています。

現在も残っているzipやrar形式で配信するサイトも同じように違法で配信して広告収入で利益を不正に得ている状態です。

漫画村のような違法なアップロードサイトは過去にも犯罪として取り締まられていましたが、そのアップロードされた漫画をダウンロードするのは違法ではありませんでした。

しかし『ダウンロードや視聴による広告収入がアップロード側を増長させている』という問題、また違法配信サイトの増加という問題を受けて著作権法の改正が行わることになり、ダウンロード者も処罰の対象となります。

法改正でzipやrarなどの違法漫画をダウンロードしたら逮捕される

著作権法の改正で下記の2つが変更され、2021年から運用されることになります。

  • リーチサイト(違法アップロードが行われるサイトへのリンクを張るサイト)を処罰の対象に
  • 原則的に違法アップロードと知ったうえでダウンロードする行為を違法化

2021年から違法な漫画配信サイトからzipやrar形式などでダウンロードすることが違法となり、悪質な場合2年以下の懲役、また200万円以下の罰金が科せられます。

また刑事上の責任だけではなく民事上の損害賠償の対象となると明記されることになりました。

つまり警察に逮捕される上に、出版社や著作者から損害賠償が請求されるということです。

本当に逮捕されるの?違法化と実効性の問題

この改正はすでに行われていた映画や音楽の違法ダウンロードに対する処罰の範囲を広げたものになりますが、実際に逮捕できるかというと正直怪しい部分があります。

著作権法は親告罪なので権利を所有する人間が違法ダウンロードした人間を特定して手続きする必要があるのですが、これは現実的にかなり困難な上に手間がかかり採算にあいません。

仮に特定できたとして、『違法アップロードされたものだと本人が理解していたと証明』する必要もあります。

実際先行して行われている映画や音楽の違法ダウンロードで逮捕者は私が確認した範囲ではいません。

漫画の違法ダウンロードがどのように運用されるかはまだわかりませんが、たくさんの人が逮捕されることはないんじゃないかというのが正直な考えです。

漫画を愛するなら違法配信された電子コミックはダウンロードしない

ダウンロードの違法化は実際に逮捕することよりも、規範意識や倫理感に対して呼びかけるために制定したと言われています。

違法アップロードされた海賊版の漫画を視聴する、またダウンロードするということはアップロードした人間の利益に繋がります。

ですから逮捕できるかはさておき、違法化することでダウンロードする人間を減らすことで、アップロードする側の収益を減らすことができる。

それが違法なアップロードを減らすことにつながるというわけです。

そういった目的で法律を制定することにも賛否はありますが、読者である我々は『違法にアップロードされた漫画を読まない。ダウンロードしない。』という倫理感と道徳をしっかりと持ち行動することが大切です。

また、違法にアップロードされた漫画を無料で見るということは、当然収益が作者に還元されないわけです。

お金を稼ぎたいという動機で漫画家になる人は少ないかもしれませんが、でも頑張って売れても漫画家では生活できないとなれば、才能ある若者たちが漫画家を目指さなくなってしまいます。

本当に漫画が好きで、今後も面白い漫画をたくさん見たいと思うのであれば、ぜひ漫画業界にお金を使ってあげて欲しいです。

ポイントを駆使すれば無料で漫画が見れる

zipやrarなどの違法配信の漫画をダウンロードするのが良くないというのは分かったとしても、でもやっぱりなるべく無料で見たいって思っちゃいますよね。

通常の電子コミック配信サイトの中にはポイントの還元率が非常に高いサービスも多いので、そういったサービスを駆使すれば実質的に無料で漫画を見ることができます。

アニメや映画が好きならU-NEXTがおすすめ

U-NEXTは動画配信のVODサービスですが、実は毎月1,200ポイントが自動付与されます。

購入する漫画にもよりますが、漫画はだいたい1冊500円前後なので、最低でも2冊は無料で見ることができるのです。

現在VODへの加入も検討していたり、すでにVODを使っていて乗り換えを検討中の方なら、U-NEXTの利用で毎月漫画が無料で読めるんです。

ヤフープレミア会員やYモバユーザーならebookjapanがおすすめ

ヤフープレミアム会員には会員特典としてポイントの上乗せがあり、実質20%分のポイント還元となります。

また、定期的なイベントという形で、有名作品が全巻無料で読めたりできるのです。

これはさすがに不定期開催なので、いつどの作品が見れるか分かりませんが、過去には約束のネバーランドや、カイジ、キン肉マンなどが全巻無料で配信されたこともあります。

ポイント還元や無料配信を駆使すればかなりコスパ良く楽しむことができます。

最大50%還元のまんが王国がコスパ最強

動画も見ないし、特にヤフープレミアム会員でもないしという方は、まんが王国を選んでおけば、非常にコスパ良く漫画を購入することができます。

まんが王国では、ポイント購入時とポイント利用時にそれぞれポイント還元が実施されるのですが、購入時で最大30%、利用時で最大20%、両方合わせて最大50%という高還元率を誇ります。

一気にポイントを買って、一気にポイントを使うような感じで、まとめ買いをすればかなりお得に利用することができます。

まとめ

漫画村が無くなりましたが、今でもひっそりと残るzip形式やrar形式での違法配信サイト。

2021年からは法改正で、違法ダウンロードを行った利用者も罰せられるようになりました。

法律の実効性は不明ですが、作者にお金が還元されないことを考えると、漫画好きは違法ダウンロードには手を出すべきではないでしょう。

最近の電子コミック配信サイトは割引やポイント還元を頻繁に行っており、工夫次第では実質無料で楽しむこともできますので、ぜひ公式サービスを利用して下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました